基本情報

No 00042
発行年月 2008.01
ページ数 348

【編著者】:日本プラントメンテナンス協会 【特長・概要】 〇工場経営にとって全体最適の「設備(資産)管理体制」構築を図る計画主導の保全バイブル。仕組み構築の具体的な手順

〇強い現場をつくる日本の強みと、欧米を中心としたリスクマネジメントを高度にハイブリッド

〇史上はじめて「保全戦略」を明らかにした、アセットマネジメントの実践プログラムといえる

〇「保全計画」-「保全データ」-「保全予算」-「保全実行」-「人材育成」は、日本トップ企業の実績あるシステムを基に、あるべき姿を明示

〇対象スコープは、設備ライフサイクル全般(設計・施工-運転-検査・修理-保全工事)

〇全体サイクルが回るために、一つひとつの「帳票」もPDCAになっている 【目次概要】 ◆『MOSMS実践ガイド』の概要(トップページの「公開資料」からご覧いただけます)

◆「保全戦略策定」ガイド

◆「保全計画策定」ガイド

◆「保全データ管理」ガイド ◆「保全予算策定」ガイド

◆「保全役割分担の設定」ガイド

◆「保全実行管理」ガイド

◆「保全教育・訓練」ガイド

※2016年2月に『保全経営のための MOSMS実践®ガイド』の第2版を発行いたしました。主な内容は変更ありませんが、図表等の変更がなされています。また、装丁をハードカバーからソフトカバーに変更し、携帯しやすくいたしました。今後頒布させていただくものは、この第2版となりますのでお知らせいたします

内容紹介等