円滑なモノづくりを進めるためには、製品を作り出す生産設備の安定した稼動が要求されます。そして、高度な設備や技術が実用化されている今日であっても、故障や不良の低減による効率化や安定生産が全てのモノづくり産業に共通する課題です。
当会は、これらの課題解決のために、設備管理、保全技術・技能の研究開発と普及啓発ならびに設備管理や保全に携わる人材の育成を行うことによって、全ての モノづくり産業に共通する生産、保全、設備等に関する課題の解決を支援し、もって産業界の発展ひいては国民生活の向上に寄与していきます。

TPMとは

TPM(TotalProductiveMaintenance「全員参加の生産保全」)とは、社団法人日本プラントメンテナンス協会によって1971年に提唱されました。
TPMは、「生産システム効率化の極限追求(総合的効率化)をする企業体質づくりを目標にして生産システムのライフサイクル全体を対象とした"災害ゼロ・不良ゼロ・故障ゼロ"などあらゆるロスを未然防止する仕組みを現場現物で構築し、生産部門をはじめ、開発・営業・管理などのあらゆる部門にわたってトップから第一線従業員にいたるまで全員が参加し、重複小集団活動により、ロス・ゼロを達成すること」、と定義されています。

  • TPMの商標、ロゴマークは、日本およびその他の国における当会の登録商標または商標です。